FC2ブログ

SLOWDOWN

京都寺町通りの古着屋「SLOWDOWN」のブログ。

ツイート Slowdown.京都 | Facebookページも宣伝
follow me
by Marshmallow Studio

★Barbour STEVE McQUEEN Collection Chase Fairisle Cardi Sample(バーブァー スティーブ マックイーン コレクション ショールカラー ニット カーディガン サンプル)


皆さんこんにちは、 本日2回目イカせて貰います!
最初に、ここ数日お店が”わっしょい!”様態になってましてブログ更新できずスミマセン!
*ちなみに"わっしょい!"ていうのは只今芸人修行中の以前当店でバイトリーダー(BLY)をやってた
吉岡が昔からテンション上がると”わっしょい!”って言う癖があるので、テンション上がる程賑やかな状態の
比喩表現として使わせて頂きました、わっしょい!

という事で、本日の商品紹介です。
★Barbour STEVE McQUEEN Collection Chase Fairisle Cardi Sample★
(バーブァー スティーブ マックイーン コレクション ショールカラー ニット カーディガン サンプル)
DSC08852.jpg
DSC08846.jpg
ワックスジャケットでお馴染みの英国Barbour社の代表モデルでもある
インターナショナルジャケットの75周年を記念して、
インターナショナルジャケットを愛用した STEVE McQUEEN にフォーカスした
Steve Mcqueen Collection のニットコレクションからショールカラー&くるみボタンの
ジャガード編みのカーディガンのご紹介、しかもセールスマンサンプル品です。

DSC08866.jpg
DSC08847.jpg
BarbourのハイエンドラインHeritage(ヘリテイジ)シリーズからの1枚

DSC08863.jpg
DSC08883.jpg
DSC08850.jpg
流石の英国ブランド、非常に上質で滑らかなラムズウールを使用し
濃いめのチャコールグレーにライトグレーカラーでフェアアイル柄が織り込まれています。
(フェアアイル柄とはセーターの編み柄に見られる古典柄の一つで、
もともとはスコットランド沿岸から遠く離れたフェアアイル島で編まれたパターンの名前です。
カラフルな色使いで格段ごとに異なった幾何学模様を編み込んでいく独特のパターンで、
1920年代に当時のファッションリーダーだったプリンス・オブ・ウェールズが愛用したことで有名。
日本では70年代のプレッピーファッション(伝統的で上質なアイテムを着くずす)
の流行時に有名になったみたいですね。)

そしてこのフェアアイル柄もう一つ特徴があり、モデルになっているスティーブ マックイーンが活躍した時代
セーターを裏返して着るのが流行した時期があり、その着方を再現する為あえて本来なら裏にくる
編み目を表面にもってきております。こだわり満載ですね!


DSC08849.jpg
DSC08848.jpg
ボタンはもはやこの位のグレードになると当たり前ですが、本革を使用したクルミボタン。
そして、そしてサンプルならではの製品版とは異なるマックイーンタグ。
少しの事かも知れませんが、他のと差が付く嬉しいポイント。
サイズ表記はLサイズですが、スタイリッシュに細身にできてますので
伸縮性に富んだ素材とも相まって、カーディガンならではのざっくり着たい方であれば
普段Sサイズ位の方でもオッケーでしょうし、きっちりピッタリ着たければサイズ表記通りLサイズ
着ておられる方も勿論GOODです。
いつも通りですが、着てみました。
DSC08859.jpg
180cm,77kgがTシャツ、長袖シャツの上から羽織ってジャスト位です。
ビタッーって着るならもう少し体大きい方でもいけるかも。
丈があまり長くないので、もう少し小柄な方がフワッと着るのも良いかもです。

日本定価¥34000+TAXよりも素晴らしくお買い得になっておりますので、
ラスト1枚宜しくお願い致します!

それではいつもの私服紹介イキマス。
先ずは伊藤君から
DSC08874.jpg
昨晩から大学ゼミのコンパで13時間程通しで遊んでたみたいなので、抜け殻みたいになって出社しはりました。
伊藤君は若いのでそういう時程、綺麗な差し色心掛けて下さい。
伊藤君はオレンジとか赤の暖色系を取り入れると運気も上がってグッドですよ!

次は私
DSC08873_20141109162753c44.jpg
まりもっこりっぽい目もだいぶ板についてきて嬉しく思っとります。
濃いめデニムにシャンブレーシャツを着て、上からネイビーのベスト
にインディゴストールを巻いて、微妙なブルーの変化をを楽しむコーデでなんですが、
光量不足でブルーもくへったくれもあるか!になくなってしまい申訳御座いません。
アウターを着ると完成なんですが、そのアウター載せると売ってくれとか誰かに言われそうなんでやめときます。

それではまた明日!












スポンサーサイト



  1. 2014/11/09(日) 16:50:05|
  2. トップス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
ツイート Slowdown.京都 | Facebookページも宣伝
follow me
by Marshmallow Studio

★school muffler made in England スクールマフラー イギリス製★

みなさんこんにちは!
久しぶりに伊藤です

今日のブログは2部構成ですのでみなさんお楽しみに!

ここ2週間大学にこもってひたすら授業のプレゼンの準備をしております
僕の真面目っぷりにもいよいよ拍車がかかってきた感じでしょうか

さて今日は大学にちなんで
スクールマフラーの紹介をさせていただきます


【school muffler made in England スクールマフラー イギリス製】

まず最初にスクールマフラーを定義いたしますと

スクールマフラーとは、イギリスやアメリカの伝統校に見られるマフラーまたはそれに似たものを指す。ニットや柔らかなウール地製で、ボーダーやストライプを配色したり、学校の頭文字などを施したものが多いが、正式なものはラインの本数や配色が、それぞれのスクールカラーに合わせて決められている。

映画「ハリーポッター」で学生達が巻いているようなマフラーがスクールマフラーですね

そして今回店で扱っているスクールマフラーは全てイギリスで作られたものです

DSC08862.jpg
DSC08869.jpg
DSC08877.jpg
DSC08878.jpg
DSC08879.jpg
DSC08880.jpg
DSC08881.jpg
DSC08882.jpg

ニットの上からサラッと巻いていただくとめっちゃかわいいですね!

程度の良いスクールマフラーはなかなか入りづらくなっていますが
現時点で6本はグットコンディションで揃っております

特に黒のスクールマフラーは貴重なカラーですので
気になる方はお早めに!

あんま喋ると社長におもんないぞーってガヤられるんで
僕はこれくらいにしておきます〜

それでは後半のブログもお楽しみに!


  1. 2014/11/09(日) 16:26:57|
  2. 日々徒然etc
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

SLOWDOWN

Author:SLOWDOWN
〒604−8061
京都市中京区寺町通六角下る式部町248 亜良美香ビル2階
TEL/FAX:075-212-2104
mail:slowdown_kyo@yahoo.co.jp

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する