SLOWDOWN

京都寺町通りの古着屋「SLOWDOWN」のブログ。

ツイート Slowdown.京都 | Facebookページも宣伝
follow me
by Marshmallow Studio

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
ツイート Slowdown.京都 | Facebookページも宣伝
follow me
by Marshmallow Studio

★伊藤君ブログですが本日も私、出てきて参りました。Vintageもあり〼★



みなさんこんにちは! また後で社長出てきます。。。
勇気を持ってかけていった丸眼鏡を盛大にディスられた伊藤です。

さて今日も私服をディスられるんでしょうね・・・

今日は早めから仕掛けていきますよ
先手必勝です

今日は1点バシッと紹介したいと思います!

【patagonia(パタゴニア) PUFF P/O】

プルオーバータイプの中綿ジャケットです

小さく丸めることができるので
カバンの中に忍ばせておいて、寒くなったらサラッと被っちゃいましょう!

DSC08463.jpg
DSC08467.jpg
DSC08465_20141011131521eca.jpg
DSC08466_20141011131522b81.jpg

表記はMサイズです
僕にはちょっと大きいですが中にパーカー挟んで無理から着ました笑
社長でも着れるサイズですので、175cm±5cmくらいの方はジャストで着ていただけると思います!


はい!本日の伊藤君ブログが普通過ぎるので我慢ならずに出て参りました、どうも私です。

昨日のスクロール長めなBlogが気に入ったんで、今日も長めにしてみます。

それでは1枚目
★Mc MANUS'S  Fisherman Cardigan made in BELFAST Northern Ireland
DSC08470.jpg
DSC08469.jpg
DSC08471.jpg
DSC08472.jpg
ここ数年好調を維持しているニットの中でも、ちょっと別枠のフィッシャーマンニット。
時には男らしく、時には可愛らしく見えてしまう伝統的な編み込みが皆を虜にする所以でしょう。
クルーネック(丸首)が圧倒的に多い中、今回ご紹介は珍しいカーディガンタイプ。
丸首も良いんですが、こんなカーディーガンタイプも着脱しやすく非常に便利です。

しかも北アイルランドのベルファストで作られたハンドニット(手編み)モノです。
北アイルランドと聞いて地理オタクの伊藤、社長に内緒で再登場です!
イギリスの正式名称はグレートブリテン及び北アイルランド連合王国ですよね。
イギリスは4つの王国が合わさっていますが、先日その中の一つのスコットランドが独立しようとしてましたね
しかし独立してしまうとイギリスの通貨ポンドが使えなくなってしまいます。
新しく発行する通貨は信用が低いので価値も低く、通貨安となります。
通貨安(日本なら円安)となった場合、輸出がしやすくなります。
もし独立後にEUに加盟できなかった場合、EU圏に輸出するのに関税がかかってしまうので輸出が不利になります。
これでは独立しても不況が続いてしまいます。
独立もなかなか簡単じゃないですね。
以上伊藤のイギリス観測でした!

アイルランドのウールは寒い地方という事もあり、通常のウールより毛足が長く、細い為に
太く編み込むと抜群の保温製を発揮するニットに仕上がります。
勿論ナチュラル素材なので、通気性も良いですね。

グッドコンディション&豪華な編み込み、本革のクルミボタン、ええ感じのサイズ。
色々揃った貴重な1枚です。
DSC08464.jpg
私(180cm 77kg)着用してこんな感じ。
少しゆったり目に着られるなら、身長170cm〜175cm位の方でも問題無いです。

続いて2着目
★1960's Vintage Mohair Cardigan made by SportWear
DSC08283.jpg
DSC08282.jpg
DSC08284.jpg
1960年代のSportWear社のタグが付く、モヘヤカーディガンです。
モヘヤ(モヘア)とはアンゴラヤギの毛から作られる織物の総称で、
生糸のような光沢をもち、毛足が長く通気性がよく、繊維の腰が強いのが特徴です。
昔から古着屋さん秋口の定番商品ですが、ここ数年良品の数が減ってきましたね。
こちらは柄物が多くを占める中、人気の無地(ソリッドカラー)モノで
着丈もしっかり残り綺麗な型を保ってくれてる1枚でございます。
DSC08277.jpg
DSC08281.jpg
着てみましたが、やはりこの熟れた柿色最高ですね。
軍パンも良いですが、デニムとも相性抜群間違い無しです。
Vintageモヘヤは黒が王様カラーですが、こんな暖かみのあるカラーも地味になりがちな秋冬コーデに彩りを
加えてくれるナイスカラーでは?探すと以外と無い色ですね。

3点目
★Vintage Nordic Round Neck Sweater ★
DSC08212.jpg
ウールの手触り&素材感からいって1960年代位のハンドニット物だと
推測されるノルディック柄の丸首セーターです。
ちなみにルディック柄とは、雪、雪の結晶、トナカイなどを北欧らしいモチーフ、幾何学模様などを用いた伝統的な柄のことを言います。コレマメね。
こちらのノルディック柄セーターは人気の濃色ベース(黒、紺、濃いグレー)の
Vintageでは貴重なビックサイズ(ざっくり大き目に着れます)モノ。
着てみました↓
DSC08190.jpg
配色&柄配置も非常によく、やはりこのサイズ感は探しても中々無いですね。
ガチッとしたウールの手触りも最高です。
私で少し大きい目ですので、大柄な方お待ちしとります!


それでは最後になりましたが、昨日から始まってますスタッフ私服紹介イキます!
先ずは伊藤君
DSC08456.jpg
昨日と同じニューバランスにVintage501赤耳、太ボーダーのスウェット、
う〜ん、50点過ぎていじるトコ無いわ。
ホンマはオモロいシャツ着てきてたんで、そのままで居て貰えば良かったんですが、
そのままだと20〜30点のコーデやったんで強制的に着替えて貰ったんですよね。
ちなみに昨日のレトロXベスト着ると↓
DSC08460.jpg
はい、ポーズにも自信が出ましたね!
ウン、服って大事。

では、続きまして僭越ながら私です。
DSC08459.jpg
キャップトゥブーツに濃い目のデニム、白シャツにEUROリーバイスのワークベスト
VintageEUROワークジャケットです&そろそろ髪の毛切らんとなんか汚いな。
久し振りにちょっとカチッとした格好したので、朝は肩が凝りました。

あ、EUROのワークジャケットはまだグッドコンディション物が何枚かありますので、気になる方はよろしくお願いします。こちらもかなり数減ってきてますので。。。
DSC08461.jpg

本日も長くなりましたが、最後まで読んで下さりありがとう御座います。

それではまた!
















スポンサーサイト
  1. 2014/10/11(土) 13:28:22|
  2. 日々徒然etc
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<お知らせ&★Burbour "NORTHUMBRIA" oiled jacket ★ | ホーム | ★ニットベスト特集★社長も書きますよ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://slowdown.blog64.fc2.com/tb.php/1113-688a23c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SLOWDOWN

Author:SLOWDOWN
〒604−8061
京都市中京区寺町通六角下る式部町248 亜良美香ビル2階
TEL/FAX:075-212-2104
mail:slowdown_kyo@yahoo.co.jp

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。